【5/31まで!】東京卍リベンジャーズが80%オフの大幅値下げ!新規登録クーポンはこちら!

東京リベンジャーズ251話ネタバレ感想!ココ友情の一撃!神回!

東京リベンジャーズ あらすじ 感想 ネタバレ

みなさまこんにちは!

前回の東京卍リベンジャーズ250話では、アッくんが斑目を倒す大金星を上げました!

一方で千咒は春千夜に鉄パイプで殴られて気を失ってしまいます。心配ですね。

東京卍リベンジャーズ251話では、ワカとベンケイを相手にイヌピーが一人立ち向かいます。

イヌピーのピンチにココは…

それでは「東京リベンジャーズ251話ネタバレ感想!ココ友情の一撃!神回!」と題しまして、東京卍リベンジャーズのネタバレレビューをしてまいりましょう!

これまでの東京卍リベンジャーズのネタバレがありますのでご注意くださいね。

それでは行ってみましょう☆彡

目次

東京卍リベンジャーズ251話のあらすじ

ワカとベンケイ相手に苦戦するイヌピー。

しかしイヌピーは初代黒龍だった二人に対し、真一郎はそんなこと望んでいたのかと問います。

イヌピーは二代目東京卍會は初代黒龍と同じ魂を持っているから、関東卍會には絶対負けないと、強敵二人に立ち向かいます。

それを見て子供の頃なら絶対助けに入ったのにと考えるココ…そんなの虫が良すぎると迷います。

一方、負傷する東卍メンバーのもとに半間も現れ、そちらもピンチに。

イヌピーはワカとベンケイに追い詰められ、膝をついてしまいます。

そのとき、イヌピーはココに何やってんだと一言。

「早く手ぇ貸せ!!!マブだろ!!?」

と叫びます。

驚くココの脳裏に浮かぶのは赤音の姿。

自分の好きなように生きるように言う赤音を見てハっとしたココは、イヌピーを襲うベンケイにカウンターパンチ!!

そしてマイキーのもとにパーちんが辿り着き…

東京卍リベンジャーズ251話の感想(ネタバレあり)

まずカラー扉~~~!!!!

関東卍會メンバーの勢ぞろいです。カッコイイですね。

前置きはさておき、早速感想に行ってみましょう☆彡

イヌピーの黒龍への想い

イヌピーって本当に曲げないやつですよね。

もうずーーーーーーっとずーーーーっと、黒龍にこだわってる。

最初に出てきたときこそ名前だけの黒龍にこだわっていましたが、大寿が負けて黒龍が吸収された後は、黒龍の魂を大切にしてきました。(私は大寿くんとココとイヌピーの黒龍も好きですけどね)

初代黒龍と二代目東京卍會の魂は同じ…イヌピーにしてみたら梵も関東卍會も初代黒龍とは全然違うものだったんですね。

だから、ドラケンが梵に入ってからも一緒に梵に入るということはなかったわけです。

ゆや

初代黒龍に憧れてたのに、梵にノータッチだったのはなんでだろうと思ってたんですが、イヌピーの矜持に反してたからなんですね

そして、ワカやベンケイが初代黒龍と違う方向に行くなら、たとえ憧れの人と敵対しても構わないと。

私は、自分の思ったことを絶対に曲げない、頑固なイヌピーが大好きです。

まっすぐすぎてカッコイイ。

マブだろ!!?

ゆや

いやもう、ビックリしました。

まずマブって言い方が可愛すぎるけどそれは置いといて。

ココがなんだよ…それ…オレら敵同士だろ?って言ってましたがまさにそれ。

イヌピーはココのことを敵だなんて1㎜も思ってなかったってことです。

ココがどんな場所にいようと、どんな立場だろうとイヌピーにとってはマブ。

弟全開、世話焼かれ慣れてる感全開、ココが自分を見捨てるはずがないという自信と、逆に自分もココを全力で信じている。

そんなイヌピーがよーく現れたシーンでした。

ゆや

ほんとイヌピーがこういうやつでよかったよ、ココ…

考えてみたら、ココが武道を背負ってD&Dに来たときもイヌピーはココに「なんで関東卍會なんかにいるんだよ?」とは一言も言わず、ただ「幸せか?」って聞いて「赤音を忘れる人生もあるんだぜ」とココの幸せを願っていました。

このときにも、どこにいてもマブだよってメッセージを発してたんですね。

とはいえ、関東卍會にいることはココの幸せとは思えないから説得しようとは思っていたってことかな。

ココパンチを見たイヌピー、めっちゃ嬉しそうでしたよね。

ココが関東卍會にいた理由

私は以前、ココが関東卍會に行ってしまった理由について考察する記事を書いたのですが、実際のところココ側の心理描写ってこれまでほぼなかったので、想像するしかなかったんですよね。

でも、今回ココが自分の気持ちを伝えてくれたことで、やっとココが考えていたことがわかりました。

「ココはイヌピーよりも赤音を選んだ」から、関東卍會に行っていたというわけです。

付け加えて「意地を張っていた」とも。

もう別にココは人質を取られているわけじゃない。

自分の意志で関東卍會にいたことに間違いはないのですが、それは別に関東卍會に行くことに絶対的な信念があったわけではないんですよね。

イヌピーと道を分かれてでも、勝ち馬に乗りたい。

それは赤音を助けるために金を稼ぎ続けることを辞められなかった、今でも赤音に囚われていたということで…。

ただ本心ではずっとイヌピーと友達に戻りたかったんですよね。

でもココは頭が良いから、今更イヌピーのもとになんて戻れない。

そういう意地を張っていたんだと解釈しました。

ゆや

そう思うと、イヌピーがマブって言ってくれて、嬉しかっただろうなぁ…

ココが味方に!!

22巻を思い出してみると、イヌピーはドラケンとバイク屋を経営している一方、ココは梵天の幹部になっていました。

つまり、「何もしなかった未来」でココは仲間にならなかったわけです。

この未来を分岐させたのはやはりイヌピー!!

イヌピーが行動を起こしたから、ココを取り戻そうと強く思ったから、ココをこちら側に取り戻すことができたんです。

でもそれって、ひいては武道のおかげなんですよね。

武道がマイキーを救うのを諦めなかったから。

ボロボロになった武道をココがD&Dに連れてきてくれたから。

イヌピーが武道の力になろうと思ったから。

そういう運命の分かれ道みたいなのを手繰り寄せて、ココが目を覚まして味方になるということができたんです。

ゆや

あああああ尊い!!!

~𝑯𝑨𝑷𝑷𝒀 𝑬𝑵𝑫~

(東京卍リベンジャーズはまだまだ続きます)

これまでの東京卍リベンジャーズをお得に読む方法

これまでの東京卍リベンジャーズをお得に読むなら圧倒的に電子書籍がおすすめ!

東京卍リベンジャーズは、コマもフォントも大きく、圧倒的にスマホで読みやすくできている漫画です!(作者の和久井先生もスマホで読みやすいように意識されているそうです)

Amebaマンガなら、初回登録で100冊40%オフの大盤振る舞いクーポンが配信されています。

東京卍リベンジャーズの既刊を揃えるチャンス!

ぜひご検討くださいね♪

まとめ

「東京リベンジャーズ251話ネタバレ感想!ココ友情の一撃!神回!」と題しまして、東京卍リベンジャーズのネタバレレビューをしてまいりました!

ココの一撃は驚きましたね。

なんなら、ココとイヌピーを仲直りさせるためにワカとベンケイが一芝居打ったんじゃないかって思ってしまいましたw

今週は週マガが合併号なので、続きは2週間後です。

次回のレビューもお楽しみに☆彡

次話→東京卍リベンジャーズ252話のネタバレ感想

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる