恋する秘文の戦士たち1話~3話ネタバレ感想!秘文を巡る運命!父の仇は優しく見つめてきて…

恋する秘文の戦士たち ネタバレ あらすじ 感想

みなさまこんにちは!

こちらのブログでは、おすすめ漫画をネタバレありでレビューしています!

今回ご紹介するのは『恋する秘文の戦士たち1話~3話』!

恋する秘文の戦士たち1話~3話

著者:おやぬ

レーベル:LOVEBITES

属性:ファンタジー、部族、戦闘

1~3話のエッチ度↓

(続きに期待!)

連載中

なななんと、『戦傑の花嫁』と同じ世界線の物語!

戦傑の花嫁から数年後の世界で、「秘文」を巡って翻弄される二人のお話です。

この独特の世界観が好きな人は要チェックですよ!

それでは「恋する秘文の戦士たち1話~3話ネタバレ感想!秘文を巡る運命!父の仇は優しく見つめてきて…」と題しまして、恋する秘文の戦士たちのネタバレレビューをしてまいりましょう!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

恋する秘文の戦士たちをコミックシーモアで無料試し読み!

目次

恋する秘文の戦士たち1話~3話のあらすじネタバレ

恋する秘文の戦士たち1話のあらすじ

少女の記憶ーーー

父を追いかけた先にあったのは、血まみれの父と、顎に勝利の秘文(シグルーン)を持つ秘文の戦士…

時は流れ、連邦量南部、ノクヴァスミス。

ヒャナは、鍛冶士として一人生きていました。

そこで老人から、鍛冶の腕が稀代の名工「ツォル国の鍛冶王レギン5世」に通じると言われます。

それはヒャナの父。

ツォル国は8年前、帝国に滅ぼされたのでした。

そのあたりにいた人たちが話に混ざり、なぜ帝国がこんなに強くなったのかという話に。

そこにフードの男が現れ、「帝国は秘密の源、秘文(ルーン)をあばいた」からだと告げ、ツォルが攻められたのは炎の秘文を持っていたからだと告げます。

そしてヒャナの前に立ち、炎の秘文を授かったのは王の娘ヒャナだと言いますが…

ヒャナはその場を逃げ出します。

帝国兵に囲まれたところをフードの男に助けられるヒャナ。

男は俺が誰だかわかるよなと言いますが、ヒャナは目が見えず、相手が誰なのかわかりません。

驚いた男は悲しそうに俯き、「おまえが俺を終わらせてくれるはずだったのに」と意味深なことを言います。

見えなくても、男の悲しみに触れたヒャナは自分の目が治ると言い、男はその日までヒャナを守ると言うのでした。

恋する秘文の戦士たち2話のあらすじ

少年の記憶ーー

小熊と呼ばれた少年は、小国ツォルに秘文があると聞かされ、殺して秘文をはぎ取るのが得策、もし秘文を持ち帰ったらもっと良い名前つけてあげると言われます。

そして「炎の秘文は戦士の秘文を燃やしやすいかもしれない」とも…

言われたとおりツォルへ行き、そこで一人の少女と出会います。

少女は無邪気に、少年を遊びに誘いますが、少年は真っ赤になって逃げて…

時は戻り、男はヒャナの寝顔を見て、父親の仇を前に可愛い顔で寝てるんじゃないと毒づきます。

ヒャナが目を覚ましてもきつい言葉をかけてしまって…

その後、ヒャナから名前を聞かれ、「ホトヴァビヤルキ(好戦的な小熊)」と名乗ります。

気取ってなくてかっこいいと言うヒャナに、真っ赤になってドキドキしてしまうホトヴァ。

目の見えないヒャナは、「秘力」なら見えるようで、ホトヴァから急に炎の秘力が走り出したと指摘、熱があるのなら宿に泊まろうと提案します。

宿を見つけるも安宿で、寝台は一つしかなく、ホトヴァの腕枕で眠ることになってしまったヒャナ。

寝たふりをするヒャナが聞いたのは、自分をこの世で一番可愛いと言うホトヴァの声で…

恋する秘文の戦士たち3話のあらすじ

眠っている(フリをしている)ヒャナに思わずキスしてしまうホトヴァ。

収まりがきかなくなり、そのままヒャナを触り続けます。

「きれいだ」「かわいい」と言いながら、まるで好きな子にするみたいに触れるホトヴァ。

ヒャナも気持ちよくなってしまって…

しかし、ホトヴァは最後、謝るのでした…。

恋する秘文の戦士たちを読むならコミックシーモアがおすすめ

まず前提として、恋する秘文の戦士たちは、電子書籍(の単話配信)で読んでください!

美麗な背景や効果が一部カラーで作画されていて、紙書籍になると印象がだいぶ変わってしまうと思います。

電子単行本でも、どうなるかはわかりません。

とくに先行配信中のコミックシーモアで読むのがおすすめです♪

恋する秘文の戦士たちをコミックシーモアで無料試し読み!

TL漫画を読むならコミックシーモアが一番おすすめです!

  • 大人の女性のユーザー数が圧倒的!TL漫画のレビュー数が電子書籍の中でトップ
  • メジャーからマイナーまでほとんどのTL漫画を配信している豊富なラインナップ
  • 人気TL漫画の先行配信作品が圧倒的に多い
  • 頻繁に配信されるクーポンがお得
  • 月額サービスに加入するとおまけポイントがついてくる
  • 電子書籍リーダーアプリが使いやすい
  • シーモア読み放題との連携で、続きを安く購入できる

などなどメリットがたくさん♪

私もいろいろな電子書籍を使ってきましたが、結局はシーモアに戻ってきてしまいました。

ゆや

私のポイントはレビュー数と先行配信数です。
ユーザーが多い=サービスの安定感も感じています。

もしまだコミックシーモアを使ったことのない人はチャンス!

今なら

  1. 新規無料会員登録で70%オフクーポン
  2. LINE友だち追加&ID連携で500ポイントプレゼント
  3. 月額会員登録で1ヶ月分のポイントが全額還元

というお得な「シーモアデビュー応援キャンペーン」が開催されています。

このシーモアデビュー応援キャンペーンは予告なく内容が変わることがあるのでご注意くださいね。

ゆや

コミックシーモアは画質も良いですよ。

\シーモアデビュー応援キャンペーンでお得に漫画を読む!/

恋する秘文の戦士たち1話~3話の感想(ネタバレあり)

始まりました!めちゃファンタジー色強めのTL!

『戦傑の花嫁』の数年後のお話だそうですが、登場人物は全く別!

ただ、同じ世界のお話なので、もしかしたらシグワルトとイルサは今後登場するのかもな~なんて思ったりしてますがいかがでしょうか。

それでは感想に行ってみましょう☆彡

恋する秘文の戦士たちネタバレ:世界観について

こちらの作品の世界観はオリジナルのファンタジーですが、おやぬ先生のTwitterによると、キャラクター名などの固有名詞の元になっているのは「古ノルド語」だそうです。

ゆや

あまり聞きなれない響きがかっこいい!

北欧神話あたりに使われている言語だそうです。アイルランド語やラテン語とも親戚だとか。

そのあたりを念頭に置いてこちらの作品を読むと、より楽しめるかもしれません!

さて、そこで『恋する秘文の戦士たち』の世界を確認してみましょう!

位置関係としては、西に帝国、東に連邦、連邦の中の南にツォルがあり、『戦傑の花嫁』の舞台シグリンデルは帝国と連邦の国境近くになります。

世界観としては結構殺伐としていて、いつ戦が起きてもおかしくないような雰囲気ですね。

文明のレベルは古代と考えて良いでしょう。

そして戦傑の花嫁に比べてファンタジー色はより強めになっています。「秘文(ルーン)」の力が作品のファクターになっていて、秘文を巡ってなんやかやが繰り広げられる…と思います。(TLですよね…?)

恋する秘文の戦士たちネタバレ:斬新な作画

まずびっくりしたのが、作画の仕方が斬新です!!

背景や効果部分が一部カラーで作画されているんです。

電子先行配信ですが、電子ならではの表現方法が新しい。

モノクロの中に、秘文の力を象徴するカラーが配置されていて、これはヒャナの「目が見えないけど秘力は感じられている」という設定も活かされてていいな~~と思いました。

ゆや

すごく、印象的な画面になりますよね!

単行本になったらわかりませんが…単話だけの演出かもしれませんね。

恋する秘文の戦士たちネタバレ:父親の仇

さてさて、こちらの作品の主題としては、父親の仇の男との恋愛話!しかも住んでいる国は敵国同士…といったところでしょうか。

完全に敵対関係なんですが、ヒャナはホトヴァの素性を知らない。

これは闇深ではないでしょうか…悲しみの予感しかしませんね…

見たところ、ホトヴァは幼いヒャナに一目惚れをしてそれからずっとヒャナのことを可愛い、好きだと思っている感じ。

ゆや

戦士の秘文が燃やされちゃいましたね~~~~~!!!

ヒャナと再会してから、ヒャナに触れて優しくなるホトヴァの顔がたまりませんね~。

顔の造形もいいし表情もイイ。

ところでホトヴァは何をしにヒャナのところに来たんでしょうか?

炎の秘文を持ったヒャナを奪いに来た…んでしょうが、ホトヴァはヒャナの父の仇で、ヒャナに憎まれているってわかっててヒャナの目の前に現れたってことですよね!?

ホトヴァはヒャナのことが好きなのに、悲しすぎる…

結果的にヒャナの目が見えないことでうやむやになりましたが、問題を先送りにしただけで、ヒャナがホトヴァを父の仇だと知ったとき、すごくショックを受けちゃいますよね…

ヒャナがホトヴァのことが好きになってからその事実がバレてしまったら、もうめちゃくちゃになってしまうような…

この先の展開を見守りましょう。

恋する秘文の戦士たちネタバレ:ホトヴァの溺愛(ただしツンデレ)

とりあえず仇だということは置いといて、ホトヴァはヒャナを守るということを決めました。

で、ホトヴァはずーーーーーっと、ヒャナのことを可愛いって思ってるんですよね…

ヒャナが聞いてないところではめちゃくちゃヒャナのこと褒めてるじゃん!!!っていうw

でもヒャナの前だとはどうも素直になれないんですよね~ツンデレかな?

心の中では「可愛い」って思ってるのに口から出るのは「馬鹿」。素直じゃないですね。

でもヒャナは秘力が見えるから、いろいろ隠そうとしても無駄~

とっくに、ホトヴァが本当は優しいってわかってます♪

恋する秘文の戦士たちネタバレ:ヒャナの謎

ヒャナの設定は盲目で炎の秘文を持つ者…ですが、少女時代は普通に目が見えていましたよね?

恐らく、何らかの理由で盲目になったと思うのですが、それが秘文の力の継承と関係があるのでしょうか?

このあたりも、今後の展開に期待ですね♪

恋する秘文の戦士たちネタバレ:TL成分は少なめ?

TL漫画といえば1話から(なんなら冒頭から)エッチしているもの、というイメージだと思いますが、こちらの作品は3話にようやくエッチシーンが出てきます。

しかし3話は1話まるまる使ってホトヴァがヒャナにいたずらします。

しかも睡〇という、なかなかにニッチな題材。

起きるの、起きないの?いや絶対起きてるだろ!みたいなのをたーーっぷり楽しめますよ♡

でもまだ最後までしてないので、二人の気持ちが通じ合った後、カラダも繋がるのが楽しみでたまりません♡

これからに期待です!

恋する秘文の戦士たち1話~3話のネタバレ感想まとめ

「恋する秘文の戦士たち1話~3話ネタバレ感想!秘文を巡る運命!父の仇は優しく見つめてきて…」と題しまして、恋する秘文の戦士たちのネタバレレビューをしてまいりました!

戦傑の花嫁は終わってしまいましたが、こちらの作品は長く続いていきそうですね!

これからも追っていきたいと思います!

次回のレビューもお楽しみに☆彡

次話→恋する秘文の戦士たち4話ネタバレ感想

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

恋する秘文の戦士たちをコミックシーモアで無料試し読み!

恋する秘文の戦士たち ネタバレ あらすじ 感想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次